News

金融機関が見る投資家の金融資産とは?

一棟もの不動産投資で切っても切り離せないのが、金融機関からの資金調達です。

なるべく低金利で資金調達する事が不動産投資成功への必須条件です。

 

金融機関は投資家のありとあらゆる属性を審査します。

年齢、年収、勤め先はもちろん、家族構成、出身地、投資目的も非常に重要な審査対象です。

 

そして、審査対象として、近年最も重要と言っても過言ではないのが、投資家の保有金融資産額です。

これはもちろん多ければ多いほど良いです。

 

しかし、同じ資産額でも評価が異なる事があります。

例えば、投資家Aと投資家Bの保有金融資産の総額は同じ1億円だとします。

 

投資家Aの資産内訳はおもに預金、上場株式、国債だとします。

投資家Bの資産内訳はおもに仮想通貨や発展途上国の通貨だとします。

 

この場合、審査に通りやすいのは同じ金融資産1億円だとしても、投資家Aです。

なぜかというと、投資家Aの資産は流動性が高く、堅実な資産だからです。

 

投資家Bの仮想通貨などの投機性の高い金融資産は金融機関から見ると、印象がよくありません。

ボラティリティが大きいという理由の他に、『投機的な投資をする投資家』というイメージを持たれてしまい、投資家B自体の心証が悪くなってしまいます。

 

金融機関に審査案件を持ち込む前に、ご自身の金融資産をなるべくボラティリティが小さく、流動性が高い資産に変えておいた方が良いでしょう。

 

 

Access

多くの投資家様に信頼いただいております!

概要

店舗名 株式会社 B・Effect Asset
住所 東京都港区赤坂9-1-7 赤坂レジデンシャルホテル261
電話番号 03-5413-8870
営業時間 9:00~19:00
対応エリア 一都三県を中心に日本全国対応致します

アクセス

弊社は一棟収益不動産専門の仲介会社です。事務所を東京都港区に構えており、一都三県を中心に一棟収益不動産をご紹介しております。サラリーマンや経営者等の方の副業としての不動産投資や、すでに複数棟お持ちの投資家様の拡大のお手伝いをさせていただいております。弊社で取り扱う物件は水準が高く、これまで決済させていただいたすべての物件で潤沢なキャッシュフローが出ており、赤字になった物件は一つもありません。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。オンライン面談も対応しております。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事