News

部屋が広い事で入居率が下がる事もある。

不動産投資では保有中の入居率が非常に大切です。

どんなに良い物件でも、入居率が低ければ収支は悪くなってしまいます。

 

入居率を大きく左右する一つの要因は、部屋の間取りです。

当たり前ですが、使い勝手が良く、家賃も需要にあった金額であれば入居率は高くなります。

 

入居率を上げる、周辺物件と差別化するという目的で、設計段階で一部屋を広く設計する投資家も少なくないですが、結論から言うと部屋を広くする事で逆に入居率が下がってしまう事も少なくありません。

 

単身者用の物件を例に説明させていただきます。

エリア特性もありますが、都内や賃貸需要が高いエリアであれば、20㎡前後の物件が最も入居率が高いです。

なぜかと言うと、10〜17㎡前後の狭小物件だと、家賃が低くても使い勝手が悪くなるし、25㎡前後の少し広い物件だとカップルで住むには狭く、単身者にとっては家賃が高いので敬遠されてしまうからです。

 

単身者用物件のターゲットは大学生や若い社会人がメインですので、部屋の広さよりも家賃の低さを重視する入居者は少なくありません。

 

これまで何度もお伝えしておりますが、不動産投資は入居者目線で考えずに投資家目線で考える事が重要です。

『自分だったら家賃が高くても広い部屋に住みたい』と考えているあなたは大学生でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

Access

多くの投資家様に信頼いただいております!

概要

店舗名 株式会社 B・Effect Asset
住所 東京都港区赤坂9-1-7 赤坂レジデンシャルホテル261
電話番号 03-5413-8870
営業時間 9:00~19:00
対応エリア 一都三県を中心に日本全国対応致します

アクセス

弊社は一棟収益不動産専門の不動産会社です。事務所を東京都港区に構えており、一都三県を中心に一棟収益不動産をご紹介しております。サラリーマンや経営者等の方の副業としての不動産投資や、すでに複数棟お持ちの投資家様の拡大のお手伝いをさせていただいております。弊社で取り扱う物件は水準が高く、これまで決済させていただいたすべての物件で潤沢なキャッシュフローが出ており、赤字になった物件は一つもありません。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。オンライン面談も対応しております。
Contact

お問い合わせ